食事に注意

過剰に摂取したカロリーは脂肪として蓄積するので食事の見直しが大切です。自分では食べていないつもりでいても、ちょこちょことお菓子をつまんでいることがあるので、1日の中でどんなものを食べているのかかき出してみましょう。意外と食べていることに驚くと思います。

極端な食事制限は必要な栄養素が不足して代謝を落としたり、体調不良や肌荒れの原因となります。基礎代謝とは生命維持に必要なエネルギーのことで、基礎代謝分のカロリーは確保する必要があります。男性の場合は1500kcal、女性の場合は1200kcal程度です。最低限このくらいのカロリーを摂るようにすることで、ダイエットにありがちな体調不良や肌荒れを防ぐことができます。

塩分が多い食事はむくみを招き、余分な水分がたまることで冷えたりセルライトができやすくなります。スナック菓子、ファーストフード、コンビニのお弁当、インスタント食品などは塩分が多い食品です。成分表を見てどれくらいの塩分が含まれているか確認をして、できるだけ塩分が少ないものを選ぶようにします。塩分を多く摂ってしまったらカリウムを摂るようにします。カリウムにはナトリウムを排泄してむくみを予防する働きがあります。カリウムが多い食品は野菜や果物です。

また、食事の取り方にも注意が必要です。よく噛んで食べることはもちろんですが、お腹いっぱい食べないということを心がけましょう。ちょうど良い量で食事を終わらせることを習慣化することが大事です。